PR

 NTTドコモとKDDI(au)が携帯電話の解約手続きを案内するWebページにおいて、検索エンジンにインデックスされないようにするHTMLタグを設定していたことが分かった。総務省が2021年2月26日に開いた有識者会議「スイッチング円滑化タスクフォース」で明らかになった。

 総務省によると、ドコモは「携帯電話の解約お手続き方法」「携帯電話・PHS番号ポータビリティ(MNP)を利用した解約お手続き方法」のWebページで、KDDIは「スマートフォン・携帯電話の解約・他社へのMNP転出をご検討中のお客さまへ」のWebページでそれぞれ「noindex」タグを設定していた。検索エンジンのクローラーの実装次第ではあるが、同タグを設定したWebページは検索対象外となる。

NTTドコモとKDDIは携帯電話の解約手続きを案内するWebページにおいて、検索エンジンにインデックスされないようにする「noindex」タグを設定していた
NTTドコモとKDDIは携帯電話の解約手続きを案内するWebページにおいて、検索エンジンにインデックスされないようにする「noindex」タグを設定していた
(出所:総務省)
[画像のクリックで拡大表示]

 スイッチング円滑化タスクフォースの下で実施した事業者間協議で指摘を受け、ドコモは2021年1月20日に、KDDIは2020年12月25日に当該ページのnoindexタグを削除済み。ソフトバンクはもともとnoindexタグの設定がなかったという。

 ドコモは「お得な料金プランや解約によって影響の出るサービスを解約前に案内することがお客さまの利益につながると考えて解約ページにnoindexタグを埋め込み、直接表示ではなく当該情報のページを見たうえで解約ページに移行する仕様としていた」(広報)とコメントしている。

 一方、KDDIは「noindexタグを設定していたのは留意事項の説明やプラン見直しに関する情報を提供するページである。解約手続きをお知らせするページ自体は(noindexタグを設定していないため)以前より検索エンジンから直接遷移できた。前者のページは情報量が多く、(検索エンジンから)後者のページに直接遷移しやすくするためにnoindexタグを設定していた」(広報)とする。

■変更履歴
記事末尾にKDDIのコメントを追加しました。[2021/2/26 18:30]