PR

 みずほ銀行は2021年2月28日に発生したシステム障害に関し、店舗内ATMは復旧したと3月1日朝に明らかにした。店舗外ATMについては作業員を派遣し、機器を再起動するなど復旧を急いでいる。一部取引ができなくなっていたインターネットバンキングの「みずほダイレクト」は既に復旧している。

店舗外ATMは復旧を急いでいる(みずほ銀行荏原支店武蔵小山駅前出張所)
店舗外ATMは復旧を急いでいる(みずほ銀行荏原支店武蔵小山駅前出張所)
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 みずほ銀行によると、3月1日午前8時までにサービス開始予定だった拠点のうち、稼働が確認できていないのは28拠点。午前9時以降にサービス開始予定の拠点のうち、稼働を確認できていないのは26拠点ある。みずほダイレクトは定期預金とグローバル口座サービスがシステム障害で停止していたが、3月1日午前0時に復旧した。

 システム障害は2021年2月28日午前に起きた。定期預金に絡むデータ更新作業に伴って発生した不具合が引き金になって発生し、2月28日午後7時40分時点で、全5395台ある店舗内外の自行ATMのうち、2956台が停止していた。キャッシュカードや通帳などがATMに取り込まれたまま出てこなくなり、立ち往生を余儀なくされた顧客も少なくない。

 みずほ銀行はATMにキャッシュカードや通帳などが取り込まれたままの顧客については、後日連絡し、返却するとしている。また、代替手段をとることで発生した費用に関しては、取引店舗や問い合わせ窓口に相談するように促している。