PR

 日本IBMは2021年3月2日、福井大学医学部付属病院(福井大学病院)が電子カルテシステムを米IBMのパブリッククラウド「IBM Cloud」へ移行することを発表した。本番利用の開始は2021年4月を予定する。日本IBMによると電子カルテシステムを含む医療情報システム(CIS)へのパブリッククラウド採用は、国立大学病院では日本初だという。

 福井大学病院が採用するのは日本IBMが提供する電子カルテを中核としたCIS「IBM CIS+ソリューション」。福井大学病院はもともと同ソリューションで構築した電子カルテシステムをオンプレミスで運用していた。同システムをパブリッククラウドへ移行しつつ、放射線画像データのような大容量データを利用するシステムはオンプレミスで稼働させ、ハイブリッドクラウド環境を構築する。

医療情報システム(CIS)へのハイブリッドクラウド活用イメージ
医療情報システム(CIS)へのハイブリッドクラウド活用イメージ
(出所:日本IBM)
[画像のクリックで拡大表示]

 福井大学病院は医師や看護師など医療従事者が患者と向き合う「コア業務」に注力できるよう、デジタル化を推進してきた。医療データを扱うためのセキュリティーと高い可用性を持ったシステムインフラを構築するため、ハイブリッドクラウドを活用するという。