PR

 みずほ銀行は2021年3月3日、システム障害に伴い、ATMが取り込んだキャッシュカードや通帳のうち、約8割を2日までに顧客に返却したと明らかにした。2月28日に発生したシステム障害では、定期預金のデータ更新処理をきっかけに一部のATMが動作不能になり、累計5244件のATM取引でキャッシュカードや通帳が取り込まれたままとなっていた。

ピーク時は7割超のみずほ銀行ATMが動作不能に陥った
ピーク時は7割超のみずほ銀行ATMが動作不能に陥った
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 みずほ銀行によると、システム障害のきっかけは、2月28日に実施した定期預金コンポーネントにおける70万件のデータ更新処理。この処理が「取り消し情報管理テーブル」のオーバーフローを引き起こし、定期預金関連の取引ができなくなった。これが自行ATMの停止に波及。ピーク時はみずほ銀行のATMの7割超に相当する4318台が動作不能になった。

 インターネットバンキングの「みずほダイレクト」や自行ATMで発生した不具合は3月1日午後3時までに全て解消。みずほ銀行は当面の対策として、同テーブルのメモリー容量を5倍に増強したほか、ハード面の総点検を実施している。コンティンジェンシープラン(緊急時対応計画)など運用面の対応も再検討する方針だ。