PR

 フランスのOVH Groupe(OVHグループ)が提供する欧州でも大手のクラウドサービス「OVHcloud」で2021年3月10日(現地時間)、大規模なデータセンター(DC)火災が発生した。フランスのストラスブールにあるDCで、ロイター通信の報道によればこの火災の影響で数百万のWebサイトが利用不能になっているという。

 火災が発生したのは現地時間の深夜(午前0時47分)。OVHcloudがストラスブールで運営する「SBG2」で大規模な火災が発生し、SBG2が全焼したほか、別のDCである「SBG1」も、12個あるサーバールームの内の4個が被害を受けた。またストラスブールには「SBG3」「SBG4」と呼ぶDCもあり、これらのDCは被害を受けていないがサービスを停止しているという。けが人などは無かった。OVHcloudは世界中で複数のDCを運営しており、欧州にある他の15カ所のDCはサービスを継続している。

ストラスブールのあるバ=ラン県の消防当局がTwitterに公開した火災の様子
ストラスブールのあるバ=ラン県の消防当局がTwitterに公開した火災の様子
出所:SDIS du Bas-Rhin(バ=ラン県消防サービス)のTwitter公式アカウント(@sdis67)
[画像のクリックで拡大表示]

 OVHcloudはストラスブールにDCが4カ所あると説明しているが、少なくとも全焼したSBG2と半焼したSBG1は、同じ施設の中にあるもようだ。Amazon Web Services(AWS)のような大手クラウド事業者の場合、データセンターの単位であるAZ(アベイラビリティーゾーン)は物理的に全く別の施設で運用されている。OVHcloudの構成は大手とは大きく異なったようだ。米調査会社Gartner(ガートナー)のアナリストであるLydia Leong(リディア・レオン)氏はTwitterで「OVHcloudはクラウド事業者というよりはホスター(ホスティング事業者)なのだと思い出すべきだ。OVHcloudのアーキテクチャーは(AWSのような)ハイパースケーラーとは異なる」と指摘している。

■変更履歴
記事公開当初、画像出所でTwitter公式アカウントに@sdis64とありましたが、正しくは@sdis67でした。おわびして訂正します。本文は修正済みです。[2021/03/12 15:30]