PR

 韓国SK hynixは、18GバイトのLPDDR5型DRAMの量産を開始した(ニュースリリース)。18GバイトはLPDDR5型DRAMとしては「業界最大のメモリー容量」(同社)である。

18GバイトのLPDDR5型DRAM
18GバイトのLPDDR5型DRAM
(出所:SK hynix)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回のLPDDR5型DRAMはプレミアスマートフォンに向けた製品だという。具体的なスマホとして、台湾ASUSTeK Computerのゲーマー向けの「ROG(Republic Of Gamers) Phone 5シリーズ」(ニュースリリース)を挙げている。このスマホの最上位機種「ROG Phone 5 Ultimate」は18GバイトのDRAMを搭載する(他の機種の最大DRAM容量は16Gバイト)。

「ROG Phone 5 Ultimate」の主な仕様
「ROG Phone 5 Ultimate」の主な仕様
(出所:ASUSTeK Computer)
[画像のクリックで拡大表示]

 SK hynixはプレミアスマホ以外に、超高性能カメラやAIアプリケーションでの採用を期待するという。既存製品に比べて今回の製品は高速だとする。具体的には、従来のLPDDR5型DRAMは最大容量が16Gバイトで、最大データ転送速度は5500Mビット/秒だった。今回の製品は容量が2Gバイト増えたことに加えて、最大データ転送速度が6400Mビット/秒に高まった。