PR

 Zホールディングス傘下のLINEは2021年3月17日、利用者の個人情報について不適切な扱いがあったとされる報道について、詳細を説明する文書を発表した。日本国内のLINEユーザーの一部の個人情報の扱いに関して、「ユーザーの皆さまへのご説明が十分でなかった点について、ご不安やご心配をおかけすることになり、誠に申し訳ございません」と謝罪した。

 LINEの説明によれば、中国では大連と北京の2拠点で開発業務をしている。このうち、LINEの孫会社である大連の開発拠点では、捜査機関への対応や投稿監視などの機能開発のため、名前や電話番号、メールアドレス、LINE IDなどの個人情報へのアクセス権限を付与していた。機能検証のために適切な内部手続きで付与した権限だというが、ユーザーへの説明を十分にしていなかった。このアクセス権限はセキュリティー強化に向けた対応の一環として2021年2月から3月にかけて削除したという。

 LINEの親会社であるZホールディングスも、「利用者をはじめとする皆さまにご心配をおかけしましたことをおわびいたします」という文書を出した。