PR

 新幹線の車内で使える列車公衆電話サービスの提供が2021年6月30日で全て終了する。JR北海道とJR東日本、JR東海、JR西日本、JR九州の5社およびNTTコミュニケーションズが2021年3月18日に発表した。

 2021年6月7日から30日にかけて順次終了していく。各社は終了の理由について、携帯電話の普及で列車公衆電話サービスの利用が減少していることに加え、トンネル内を含む新幹線沿線で携帯電話のアンテナ整備が進み、全線で携帯電話の利用が可能になったことを挙げている。サービス終了後は携帯電話か駅の公衆電話を使うよう呼びかけている。