PR

 みずほフィナンシャルグループ(FG)は2021年3月22日、「システム障害特別調査委員会(第三者委員会)」の委員が決まったと発表した。NTTドコモのCIO(最高情報責任者)などを歴任したドコモ・システムズ取締役の西川清二氏ら3人を選んだ。

 2021年3月22日に開いた取締役会で全ての委員の選任を決議した。西川氏のほか、東洋学園大学現代経営学部特任教授の鵜瀞(うのとろ)恵子氏、弁護士の角谷直紀氏を選んだ。みずほFGは第三者委員会の設置を発表した3月17日の時点で、委員長に弁護士の岩村修二氏が就任すると明らかにしていた。

 みずほFGは2021年3月22日に役員人事も発表した。一連のシステム障害を受けて、原因究明や再発防止策の策定を急ぐため、主にリテールやシステム、事務などの幹部は続投する。

 みずほFGの大塚雅広執行役専務リテール・事業法人カンパニー長は2021年4月1日付で、新設するみずほリサーチ&テクノロジーズの社長に異動する予定だったが、この人事を見直し、執行役専務リテール・事業法人カンパニー長とみずほリサーチ&テクノロジーズ社長を当面兼務する。