PR

 三菱商事とNTTは2021年3月23日、デジタルトランスフォーメーション(DX)関連サービスを提供する共同出資会社を2021度中に設立すると発表した。食品流通業界などに人工知能(AI)を使った需要予測サービスや、ブロックチェーン(分散型台帳)を用いた取引の自動化ソリューションなどを提供し、顧客企業のデジタル変革を支援する。

 新会社インダストリー・ワンの資本金は9億円で三菱商事が51%、NTTが49%出資する。まずは食品卸向けの在庫最適化ソリューションの開発を進める。三菱商事の子会社エムシーデジタルと共同開発した独自AIエンジンを使った在庫最適化の実証実験では、物流センターの在庫を最大4割削減する効果を得たという。2021年度から順次、三菱商事グループの食品卸大手、三菱食品が運営するローソン向けの物流センターで同ソリューションの利用を始める計画だ。

 インダストリー・ワンの代表に就任予定の三菱商事の芹澤亮デジタル戦略部部長代行は「食品流通業界における食品ロスや不足する労働人口の課題を解決し、持続可能な産業の発展に寄与していきたい」と語った。