PR

 ドイツVolkswagen Group(フォルクスワーゲングループ)の技術部門は、電気自動車(EV)の普及に向けて、電池と電力の2つの分野で研究開発を進めている。同社が2021年3月15日に開催したオンライン発表会「Power Day」の後半では、EVの普及に欠かせない電力関連技術の今後の展望について説明した(関連記事)。

(写真:Volkswagen Group)
(写真:Volkswagen Group)
[画像のクリックで拡大表示]

 充電インフラの不足は、ユーザーがEVを購入しない理由の上位に上げられる。利用者の不満の一つはそもそも充電ポイントが少ないこと。そしてもう一つはステーションごとに充電方式が異なり、利用しにくいことだ。

 自宅以外の場所で充電する場合、充電器の出力や課金システムが異なるため、自車に適した充電ポイントを見つけだす必要がある。また、長距離を走る場合は、目的地までのルートのどこかに、利用しやすい充電ポイントが必ずなくてはならない。そのためVWグループは、大きなEV市場である中国、北米、欧州での公共急速充電網の整備、拡大を急いでいる。