PR

 全日本空輸(ANA)とスイスの非営利組織コモンズ・プロジェクトは2021年3月29日、新型コロナウイルス感染症の検査履歴をスマートフォンで表示するデジタル証明書アプリ「コモンパス」の実証実験を開始した。同日の羽田発ニューヨーク行きのANA便で乗客2人が使用した。同アプリと検査機関のシステムをAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)でつなぐことで、乗客がアプリで陰性証明を提示するなどして円滑に海外渡航できる環境を整備する。

羽田空港で実施した実証実験の様子。コモンパスのデジタル証明書の画面を表示し、チェックインカウンターで係員に示す
羽田空港で実施した実証実験の様子。コモンパスのデジタル証明書の画面を表示し、チェックインカウンターで係員に示す
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 コモンパスを使うには、乗客は事前に検査機関でPCR検査などを受ける際、検査機関にパスポート番号を申告する必要がある。検査結果判明後、同じパスポート番号を登録したコモンパスで検査結果を表示できるようになり、搭乗手続きや入国手続きでは紙の検査証明書に代えてコモンパスの検査履歴画面を係員に提示すればよい。コモンパスを使うと、同アプリに対応した検査機関のリストや渡航先の最新の入国要件なども参照できる。

コモンパスのデジタル証明書の画面サンプル。氏名やパスポート番号とともに、新型コロナの検査日や検査結果が陰性であった旨が表示される
コモンパスのデジタル証明書の画面サンプル。氏名やパスポート番号とともに、新型コロナの検査日や検査結果が陰性であった旨が表示される
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 実証実験にはANAのほか、豪カンタス航空や香港キャセイパシフィック航空、日本航空(JAL)、米ユナイテッド航空など8社が参画している。国内の空港でコモンパスの実証実験を実施するのは初。米国の空港では同アプリによるデジタル証明書の本格利用を始めているという。

 「今回の実証実験では、空港カウンターなどでデジタル証明書の確認などをスムーズにできるかを確認した。日本での本格運用の時期は未定だがなるべく早期に実現したい」。実証実験に携わる、世界経済フォーラム第四次産業革命日本センタープロジェクト長(慶応義塾大学特任講師)の藤田卓仙氏はこう話す。

 藤田氏は「さらなる普及に向け、コモンパスのデジタル証明書を各国政府に正式な証明書として認めてもらうことや、同様の機能を持つ他のアプリとの相互運用性を確保すること、新型コロナの検査履歴だけでなくワクチン接種の履歴なども登録可能にすることなどに順次取り組んでいきたい」と意気込む。