PR

 横浜銀行や七十七銀行など地銀5行とNTTデータは2021年4月1日、勘定系の共同利用システムについて、オープン基盤の採用で合意し基本契約を締結したと発表した。現行の共同利用システムはメインフレームで動作しているが、2024年をめどにLinuxを採用したオープン基盤へ移行する。将来的にクラウド移行も視野に入れる。

 NTTデータによると、勘定系の共同利用システムのオープン化は銀行業界で初めて。参画する銀行は2行のほか北陸銀行、北海道銀行、東日本銀行。5行は2010年から順次、NTTデータが開発・運用する「MEJAR(メジャー)」と呼ばれる共同利用システムを使用。勘定系のほかATMやインターネットバンキングなども5行で共同化している。

 現行のMEJARの後継システムについて5行とNTTデータが協議し、オープン基盤を採用することで合意した。米レッドハット(Red Hat)の「Red Hat Enterprise Linux」を採用したシステム基盤を導入する。