メルカリは2021年4月2日、暗号資産やブロックチェーンを扱う事業子会社「メルコイン」を設立すると発表した。フリマアプリ「メルカリ」や決済サービス「メルペイ」向けの金融サービスを開発する。新たな価値交換の手段として注目を集める「NFT」のサービス開発にも取り組む。

 2021年4月下旬に設立予定で、資本金は5000万円。メルカリが全額出資する。決済事業子会社メルペイの青柳直樹社長がメルコインの社長に就く。

 メルコインは「メルカリ」において売上金をビットコインで受け取れる機能を開発する。「メルペイ」についても、新たな決済や送金の機能のほか、暗号資産の管理や資産運用といった機能を1つのウォレット(電子財布)で提供するサービスなどを開発するという。

 「NFT(Non-fungible token、非代替性トークン)」と呼ぶ、代替や分割が不可能なデジタルトークンを使った事業開発にも取り組む。NFTを使うと希少価値の高いデジタルコンテンツの所有権を容易に管理したり交換したりできるようになる。米Twitter(ツイッター)創業者のジャック・ドーシー氏による最初の「つぶやき」が高額で落札された際に使われるなど、注目が高まりつつある。