PR

 横浜銀行や京都銀行、荘内銀行、北陸銀行、四国銀行など複数の地方銀行で、2021年4月5日午前6時ごろからスマートフォン用アプリが使えない状況が発生した。アプリが立ち上がらず、残高や入出金明細を確認できなくなった。

「Webブラウザーを使ったインターネットバンキングは利用可能」(四国銀行)など、各行ともスマホアプリ以外の手段では手続きできるとしている。一部の銀行ではスマホアプリを経由したインターネットバンキングのサービスを提供しており、この場合インターネットバンキングも利用できない。

 障害が発生している荘内銀行や四国銀行など複数の銀行が「アプリのシステムを稼働させているNTTデータのサーバーの不具合」とコメントした。NTTデータは、「事象は把握しているが、詳細は調査中」とした。