PR

 日立製作所は2021年4月8日、ロボットシステム開発のスタートアップ企業Kyoto Robotics(キョウトロボティクス)を買収したと発表した。2021年4月1日付で全発行済み株式総数の約96%を取得し子会社化した。買収額は非公表。

 Kyoto Roboticsは2000年創業で従業員数は約40人。製造や物流現場向けロボットの開発に強みを持つ。日立製作所は同社の買収により、ロジスティクス・FA(ファクトリーオートメーション)分野の強化に乗り出す狙いだ。

 日立は2019年にも産業用ロボットを使ったシステム開発を手掛ける米JRオートメーションテクノロジーズを買収している。日立の森田和信執行役常務産業・流通ビジネスユニットCEO(最高経営責任者)は2021年4月8日にオンラインで開いた記者会見で「(Kyoto RoboticsとJRオートメーションテクノロジーズとの間で)相互に大きなシナジーが出せる」との期待を示した。