トヨタ自動車は2021年4月8日、高級車「レクサスLS」とFCV(燃料電池車)「MIRAI」に、独自の自動運転コンセプト「Mobility Teammate Concept」に基づく高度運転支援技術「Advanced Drive」の搭載車を設定したと発表した。LSは同日に、MIRAIは4月12日に同搭載車を発売する。

レクサスLSとMIRAIにAdvanced Drive搭載車を設定
レクサスLSとMIRAIにAdvanced Drive搭載車を設定
(出所:トヨタ)
[画像のクリックで拡大表示]

 Advanced Driveは、いわゆる「レベル2+」のADAS(先進運転支援システム)だが、前方LiDAR(レーザーレーダー)や深層学習(ディープラーニング)ベースのAI(人工知能)技術、OTA(Over The Air)によるソフトウエア更新など、新技術をふんだんに取り入れて安全性や快適性を高めた点が特徴だ。

 トヨタ先進技術開発カンパニー先進安全領域統括部長の鯉渕健氏は、「前方LiDARは、今回のシステムのために新規開発した。車載スーパーコンピューターには、米NVIDIA(エヌビディア)およびルネサスエレクトロニクスの高性能SoC(System on Chip)を新たに採用した。運転者監視システム(DMS)はアイシンが開発した。高精度地図はダイナミックマップ基盤(DMP)の計測データを使った」と述べる。

前方LiDARを搭載
前方LiDARを搭載
(出所:トヨタ)
[画像のクリックで拡大表示]

 AIやソフト開発を担う同社Chief Digital OfficerのJames Kuffner(ジェームス・カフナー)氏は「Advanced Driveの認知システムは、AIを使いながら周囲の交通状況をリアルタイムで予測している。トヨタとしてAIを使った最初の製品だ」とコメント。OTAについては「これが“ソフトウエアファースト”の第一歩となる。将来、すべての車はアップグレード可能になり、スマートフォンのように自由にカスタマイズできるようになる」(同氏)という。

 Advanced Driveではナビゲーションで目的地を設定すると、車載システムが運転者を監視しながら、周囲の状況に応じて認知・判断・操作を支援する。高速道路において車線・車間維持、分岐、車線変更、追い越しなどをシステムが支援するため、運転者は負担を軽減できる。

システムが車線変更を提案し、運転者に承認することで実行される
システムが車線変更を提案し、運転者に承認することで実行される
(出所:トヨタ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ホンダが「レジェンド」でレベル3の自動運転を実現する中、トヨタはあえてレベル2+のADASで安全性を高める選択をした。ただ、レベル2+といっても高性能な車載システムを採用するため、Advanced Drive搭載車はMIRAIの場合、価格が約55万円高くなる。この点について、同社Chief Technology Officerの前田昌彦氏は「サプライヤー企業に協力してもらいながら低コスト化を進め、がんばった結果がこの55万円だ。これが高いか安いかはユーザーが判断することになる」と述べた。