PR

 トレンドマイクロは2021年4月8日、5G(第5世代移動通信システム)環境をサイバー攻撃から保護するセキュリティー製品「Trend Micro Mobile Network Security(TMMNS)」を4月15日から提供すると発表した。一般企業が自社専用として構築するプライベートな5Gネットワークである「ローカル5G」も対象とする。

 TMMNSは、5G/ローカル5GにつながるIoT(インターネット・オブ・シングズ)機器に挿したSIMカード内で動作する「TMMNS Endpoint Protection」と、5Gの通信経路上で脅威を検出・ブロックする「TMMNS Network Protection」から成る。前者のEndpoint ProtectionはSIMカードにJavaアプレットとして格納したセキュリティーソフトがデバイスの真正性をチェックする。

「TMMNS Endpoint Protection」のイメージ
「TMMNS Endpoint Protection」のイメージ
(画像提供:トレンドマイクロ)
[画像のクリックで拡大表示]

 後者のNetwork Protectionは、コアネットワークやRAN(無線アクセスネットワーク)上で通信状況を可視化し、IoT機器の脆弱性を悪用する攻撃を防ぐだけでなく、IoT機器からの不正なWebサイトへのアクセスや異常通信をブロックする。Endpoint ProtectionとNetwork Protectionは連携してIoT機器のセキュリティー状態をチェックし、不正の影響度に応じた対応を取れるという。

 トレンドマイクロは通信事業者やシステムインテグレーター、サービスプロバイダーにTMMNSを提供し、各社は自社サービスの一部としてTMMNSの機能をユーザーに提供する。トレンドマイクロからの提供価格は個別見積もり。

 同日富士通とトレンドマイクロは、富士通の「FUJITSU コラボレーションラボ」で、スマートファクトリーを想定したローカル5GシステムにTMMNSを実装し有効性を実証したと発表した。両社はラボで得た知見を基に、富士通小山工場をはじめとする実環境で2021年9月までを目標に検証を進め、ローカル5G向けセキュリティーソリューションとしての商品化を検討していく。グローバル展開も視野に入れたソリューションの共同検討を進めていくという。