NECは2021年4月5日、産業用ロボットによるピッキング作業をローカル5G技術で遠隔化する実証実験を公開した。無人搬送車(AGV)にロボットを載せ、それらに取り付けたカメラでワークや周囲の状況などを撮影。その映像をローカル5Gによる無線通信で遠隔地に伝送し、作業者がモニターの映像を見ながらロボットを操作して部品をピッキングできるようにした。2022年度までに生産ラインへの導入を目指す。

ピッキングロボットの遠隔操作
ピッキングロボットの遠隔操作
NECの玉川事業場で動作デモを披露した。ロボットが載った銀色の箱の底面には車輪が取り付けられており、AGVの役割を担っている。(出所:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 部品を拾い上げるピッキング作業をロボットで自動化する場合、多種多様な形状や姿勢の部品に対応するのは難易度が高いタスクといわれている。そこで、ロボットをピッキング位置まで移動させるのはAGVで自動化し、ロボットで行うピッキング作業そのものは人が手動操作する仕組みにした。作業のタイミングがやってくると、作業者はモニターを見ながら手元のコントローラーでロボットを直接操作する。ピッキング作業が終わると、ロボットは再び自動制御で移動する。

 こうした遠隔操作の仕組みそのものは、従来の無線LANで実現できる。ただし、ロボットやカメラの台数が増えるとデータ転送に伴う遅延時間が無視できなくなってくる。その点、ローカル5Gは多数同時接続に強く、ロボットの台数を増やしやすい。今回の実証実験について、同社は「遅延時間を0.2秒以内にできた」と胸を張る。

 多数同時接続の強みは、遠隔地の作業者が1人で担当できるロボットの台数増加にもつながる。ピッキング作業のタイミングになったロボットを、次々に操作すればよいからだ。今回は、作業者1人で2台のロボットを操作し、8種類の部品のピッキングに成功した。今後、同社はロボットの高速化や接続台数の増加を検討していくとする。