PR

 コニカミノルタと聖隷福祉事業団は2021年4月12日、遺伝子検査による日本初の未病検診プラットフォーム「CAREプログラム」の運用を4月から開始したと発表した。がん検診に遺伝子検査を組み込み、受診者一人ひとりに合わせた個別化検診を実現する。まずは乳がんなど婦人化検診受診者を対象に展開し、将来的には大腸がんなどその他の種類のがんにも広げていく考えだ。

記者会見で説明するコニカミノルタ専務執行役の藤井清孝氏
記者会見で説明するコニカミノルタ専務執行役の藤井清孝氏
(出所:コニカミノルタ)
[画像のクリックで拡大表示]

 人工知能(AI)を活用したチャットボット型問診に自身や家族の病歴などを入力すると、遺伝的なリスクを自動で判断する。高リスクの受診者には遺伝子検査を実施し、専門家のカウンセリングを経て個別化がん検診のプランが提案される仕組み。

 CAREプログラムは、コニカミノルタが2017年に買収した米遺伝子診断会社Ambry Geneticsの技術を生かして2020年から米国で展開してきた事業。聖隷福祉事業団と連携することで、日本でも展開を始める。「Comprehensive Assessment, Risk and Education」(遺伝学的保因リスクに関する知識と包括評価)の頭文字をとってCAREプログラムと名付けた。

 がん患者を対象に遺伝子検査を実施して、より効果の高い治療薬などを選択する方法はがんゲノム医療と呼ばれ、すでに日本でも実施されている。一方でCAREプログラムのように未発症者を対象にしたものはまだなく、遺伝性がんの超早期発見や予防的治療につながる可能性があるという。