PR

 フィリップス・ジャパンは2021年4月13日、東北大学発のスタートアップCogSmartと共同で開発した脳ドック用システム「BrainSuite(ブレーンスイート)」を発表した。従来の脳ドックなどへの追加検査サービスとして、医療機関に提供する。撮影した脳のMR画像をAI(人工知能)で解析して脳の状態が年齢相応かどうかといった脳健康レベルを可視化。認知症の早期発見と予防につなげる狙い。

 BrainSuiteを使うと脳のMR画像をAIで解析し、記憶をつかさどる海馬の体積を測定できる。この他に米国食品医薬品局(FDA)が承認済みの認知機能テストなどを組み合わせて認知症リスクを判定する。東北大学加齢医学研究所教授で、開発に携わった瀧靖之CogSmart社長は3000人以上の脳のMR画像を収集した。中には同一被験者の画像を約8年間継続して取得したものも含んでいるという。取得した画像を基に作製したデータセットを使い、海馬体積などの測定結果を指標として認知症リスクを評価する手法を開発した。

 瀧社長は「認知症の中で最も患者数の多いアルツハイマー型認知症は、生活習慣の影響が非常に大きい。BrainSuiteを使えば認知症のリスクを探って、リスクを下げるためにとるべき行動のアドバイスができる」と紹介した。