大日本印刷(DNP)とフランス国立図書館(BnF)は2021年4月14日、ニューノーマル時代のデジタル展覧会となる「これからの文化体験」をDNP五反田ビル(東京・品川)で開催すると発表した。展覧会はDNPが主催し、BnFが共催する。開催期間は2021年4月15日から7月11日までとなる。

 DNPとBnFは、新型コロナウイルス禍で作品や人の移動が制限された中、デジタルデータを活用し、鑑賞者が新しい文化体験を得られるモデルの構築に挑戦したとする。

 例えば、スマートグラスを通してBnFが保有するコレクションを実物の作品がない展示室で「XR(eXtended Reality)」技術により鑑賞できるようにした。空の展示ケース内に作品が存在するように見える。

現物の作品がない展示ケース内に、スマートグラスを通して作品が表示されているイメージ
現物の作品がない展示ケース内に、スマートグラスを通して作品が表示されているイメージ
(出所:DNP/BnF)
[画像のクリックで拡大表示]

 展示室内でVR(仮想現実)ゴーグルを装着し、フランスに現存する希少なバロック様式のギャラリーであるBnFの「Galerie Mazarine(マザラン・ギャラリー)」を仮想的に回遊することもできる。

鑑賞者がVR(仮想現実)ゴーグルを装着し、フランス国立図書館(BnF)の「Galerie Mazarine(マザラン・ギャラリー)」を仮想的に回遊するイメージ
鑑賞者がVR(仮想現実)ゴーグルを装着し、フランス国立図書館(BnF)の「Galerie Mazarine(マザラン・ギャラリー)」を仮想的に回遊するイメージ
(出所:DNP/BnF)
[画像のクリックで拡大表示]