PR

 博報堂は2021年4月15日、グループ会社の博報堂DYメディアパートナーズとデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)と共に、デジタル人材のキャリア採用を始めたと発表した。複数年かけ400人以上採用する。

 採用活動を始めたのは、3社にまたがる横断組織で、広告クライアント企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)をマーケティング面やメディア面から支援する「HAKUHODO DX_UNITED」である。博報堂らが定める「DX推進人材」を採用する。

 同日から採用の第1弾として、同組織でメディアDXを所管する「博報堂デジタルイニシアティブ」にて、主に営業を担う「デジタルアカウントディレクター」と主に広告運用を担う「パフォーマンスメディアコンサルタント」を合計で最大100人規模で募集を始めた。3社で募集するが、本人の適性を考慮し3社のいずれかに入社する。

3社のいずれかに入社し、入社後は「博報堂デジタルイニシアティブ」のメンバーとして働く
3社のいずれかに入社し、入社後は「博報堂デジタルイニシアティブ」のメンバーとして働く
(出所:博報堂)
[画像のクリックで拡大表示]