PR

 NTTドコモと医療機器開発を手がけるメディカロイド(神戸市)、神戸大学、神戸市は2021年4月16日、商用5G(第5世代移動通信システム)ネットワークを使って、遠隔地から手術支援ロボットを操作する模擬手術に成功したと発表した。ロボットを使った遠隔手術は、熟練の外科医が遠隔から地方患者を手術できるようになるため、医療の地域格差を解消できると期待されている。実用化に向けて今後、さらに実証実験を重ねていく。

遠隔手術の実証実験を行う執刀医
遠隔手術の実証実験を行う執刀医
5G通信を使って、3Dの手術映像やロボットの制御信号をリアルタイムに遠隔地に伝える(出所:神戸大学)

 ドコモの商用5Gネットワークやクラウドサービス、メディカロイドの手術支援ロボット「hinotoriサージカルロボットシステム」を使って21年2月以降、複数回にわたって遠隔ロボット手術の実証実験を実施した。ドコモによると商用5Gネットワークを使った手術支援ロボットの遠隔操作は世界初としている。

 実証実験は、執刀医がいる神戸大学医学部付属病院国際がん医療・研究センター(ICCRC)と、手術支援ロボットが置かれた神戸市の統合型医療機器研究開発・創出拠点(MeDIP)を5Gネットワークでつないで実施した。MeDIPで手術の様子を3D(三次元)映像として撮影。5Gを使ってICCRCに伝送し、執刀医はロボットを操作する装置についた3Dビューアーを見ながら、遠隔地の手術支援ロボットを動かした。手術支援ロボットを動かす制御信号も5Gを使って、ほぼリアルタイムで遠隔地に伝わる。今回の実証実験では人間の下腹部を再現した臓器モデルを患者に見立て、縫合や切除など基本的な手術を実施した。

MeDIPでロボットが模擬手術する様子
MeDIPでロボットが模擬手術する様子
(出所:神戸大学)

 今後さらに実証実験を続けて、実用化に向けた課題を洗い出す。通信関連では、どんな環境下でも手術支援ロボットの遠隔操作に支障が起きないようにデータの遅延を一定範囲内に収まるように調整する。医療関連では遠隔ロボット手術に向けた法整備も課題だ。商用5Gを使う場合、通信費を抑えることも必要になる。

 21年中にさらに6~7回の模擬手術を実施する予定。実証実験を重ねるなかで臓器モデルだけでなく、動物を使った実験も実施し、人間の治療に近づけていきたいという。