PR

 愛知県刈谷市に本社を置くケーブルテレビ事業者であるキャッチネットワークは2021年4月16日、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)と共同で、2022年春にローカル5Gネットワークのサービスを開始すると発表した。愛知県西三河地区の製造業の企業を中心に展開する。

 今回のサービスは、キャッチのデータセンターにローカル5Gのコア装置を設置し、周辺地域の利用者へ基地局から5G端末までのネットワーク接続サービスを提供する。キャッチが保有する光ファイバー網を活用して基地局からコア装置までを最短で接続することで、通信における遅延の回避も図る。

提供するローカル5Gネットワークサービスのイメージ
提供するローカル5Gネットワークサービスのイメージ
(発表資料から)
[画像のクリックで拡大表示]

 製造業など利用者は、高速で大量のデータをリアルタイムで処理することが可能になり、AI(人工知能)やAR(拡張現実)といった技術を活用した遠隔作業や、AGV(無人搬送車:Automatic Guided Vehicle)システムで工場施設内の省力化や自動化を実現できる。高速大容量、低遅延、同時接続など利用者個々のニーズに柔軟に対応して通信システムをチューニングするために、コア装置を独自に導入したという。

 サービス開始に向け、キャッチネットワークとCTCは、ノキアソリューションズ&ネットワークと連携して、ローカル5Gの通信環境における通信速度の測定やパケット損失・遅延の評価などを目的とした技術検証を2021年10月に開始する予定。