PR

 日産自動車は2021年4月19日、上海モーターショー2021にて、SUV(多目的スポーツ車)の新型「エクストレイル」を2021年下期に中国に投入すると発表した (図1~3)。パワートレーンには可変圧縮比エンジン「VCターボ」(排気量1.6L)を採用する。

図1 日産自動車の新型「エクストレイル」
図1 日産自動車の新型「エクストレイル」
(出所: 日産自動車)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 新型「エクストレイル」のインストルメントパネル
図2 新型「エクストレイル」のインストルメントパネル
(出所: 日産自動車)
[画像のクリックで拡大表示]
図3 新型「エクストレイル」の内装
図3 新型「エクストレイル」の内装
(出所: 日産自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 このほか同社は、シリーズハイブリッド機構「e-POWER」を、中国における量販セダン「シルフィ」を皮切りに2025年までに6車種へ搭載することも表明した。e-POWERは、搭載したガソリンエンジンが発電を担うことにより、外部充電を必要としないのが特徴だ。同社の電気自動車(EV)「リーフ」で培った電動化技術を応用した。

 同社の最高執行責任者(COO)を務めるアシュワニ・グプタ氏は、中国市場について「中国は世界最大の市場だ。当社の中国での販売は世界の35%以上である。引き続き我々の中で大きな役割を担うと確信している」と述べる(図4)。

図4 日産自動車COOのアシュワニ・グプタ氏
図4 日産自動車COOのアシュワニ・グプタ氏
(出所: 日産自動車)
[画像のクリックで拡大表示]