PR

 データサイエンティスト協会(DSS)、日本ディープラーニング協会(JDLA)、情報処理推進機構(IPA)は2021年4月20日、共同で「デジタルリテラシー協議会」を設立したと発表した。デジタル技術を使いこなせるビジネスパーソンを増やすため、IT・データサイエンス・AI(人工知能)のデジタルリテラシー向上に関する取り組みを進めていく。

 デジタルリテラシー協議会の主な活動には、ビジネスパーソンが⾝に付けるべき基礎的なデジタルリテラシーを⽰したり、デジタルリテラシーを習得する道筋などを⾒える化したりすることなどがある。協議会はデジタルリテラシーを「Di-Lite(ディーライト)」という名前で定義。IT・データサイエンス・AIのそれぞれから基礎的で共通する部分を盛り込んでいく。

デジタルリテラシー協議会が定義する「Di-Lite」の紹介ホームページ
デジタルリテラシー協議会が定義する「Di-Lite」の紹介ホームページ
(出所:デジタルリテラシー協議会)
[画像のクリックで拡大表示]

 今後は年に1、2回の割合で、デジタルリテラシー協議会を開く。第1回は2021年夏に開催を予定している。Di-Liteについては、産業界などからの意見を踏まえて見直しを進めるほか、DSSのデータサイエンティスト検定やJDLAのG検定、IPAのITパスポート試験と連携させる。企業に向けた普及活動も進める予定だ。