PR

 アマゾン ウェブ サービス ジャパン(AWS Japan)は2021年4月20日、企業のクラウド移行を支援する新サービス「AWS ITトランスフォーメーションパッケージ」を発表した。AWSが定義するクラウド移行における「評価」「計画立案」「移行」の3フェーズを包括的に支援する。

「AWS ITトランスフォーメーションパッケージ」の全体像
「AWS ITトランスフォーメーションパッケージ」の全体像
(出所:アマゾン ウェブ サービス ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 これまで提供してきたマイグレーション アクセラレーション プログラム(MAP)に、AWS Japanが独自に作成した支援メニューを新たに加えた。追加した新メニューは「人材育成」「組織立ち上げ」「パイロット移行実施支援」「EBA体験型ワークショップ」「カスタマー ソリューションズ マネージャー(CSM)による並走」の5種類だ。

 「人材育成」「組織立ち上げ」は、企業でクラウド移行を推進する組織となるクラウドセンターオブエクセレンス(CCoE)の支援が主な内容だ。CCoEの担当者に「AWS認定ソリューションアーキテクトアソシエイト(SAA)」の取得を推奨し、SAAトレーニングを受けられるバウチャーを3人分無償で提供する。また、組織の立ち上げにおける技術以外の課題を解消するためのAWSプロフェッショナルサービスの利用料を割り引く。技術以外の課題にはCCoEの組織定義、活動計画とロードマップの作成、ガイドライン作成などがある。

 「パイロット移行実施支援」「EBA体験型ワークショップ」では、クラウドへの移行作業を体験するための試験プロジェクトの選定を支援する。顧客企業はAWS Japanが用意する体験型ワークショップを通じ、試験プロジェクトを使ってクラウド移行を成功させるための勘所を学べる。AWS Japanのソリューションアーキテクトが移行体験プロジェクトを支援する。

 「CSMによる並走」のメニューは無償。移行計画立案から移行の完了まで、長期間にわたる移行プロジェクトの推進を支援する。CSMはCCoEとの定期的なコミュニケーションや進捗確認、コストの最適化提案など幅広い役割を担う。

 今回追加したメニューはいずれも、日本企業へのクラウド移行支援の実績において課題となることが多かったポイントを支援するものだという。