PR

 米Apple(アップル)は2021年4月20日(現地時間)、パソコン「iMac」の新型機を発表した。最大の特徴は、自社プロセッサー「M1」を搭載したこと。電力効率が高いことから従来のiMacの21.5型モデルに比べて体積を半分にした。厚さは11.5mmと薄い。M1を搭載したMacは、「MacBook Air」と13型「MacBook Pro」、「Mac mini」の3機種だった。加えて、新しいiPad ProにもM1を採用するなど、M1採用機種がさらに増えた。

M1搭載iMac
M1搭載iMac
(出所:Apple)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回、iMacの小型・薄型化が可能になったのは、M1の電力効率が高く、冷却が容易になったためである。カメラやマイク、スピーカーの機能を高めた点も特徴にうたう。新iMacでは、本体色を7色用意した。21年4月30日から予約を開始し、同5月後半から出荷する。価格は1299米ドルからである。

 なお、M1を採用したのは24型モデル(ディスプレーの実寸対角は23.5インチ)で、現行の27型モデルはIntelのプロセッサーである。

 M1搭載のiPad Proは11型と12.9型の2機種がある。5G(第5世代移動通信システム)に対応したモデルも用意。12.9型モデルには、新しいディスプレー技術を採用した。微小なLEDを2次元に配列した「ミニLEDバックライト」を採用したディスプレーである。さらに、ローカルディミングと呼ぶ調光技術を採用して、コントラスト比を100万対1にまで向上させている。

M1搭載のiPad Pro
M1搭載のiPad Pro
(出所:Apple)
[画像のクリックで拡大表示]

 21年4月30日から予約を開始し、同5月後半から出荷する。価格は11型が799米ドルから、12.9型が1099米ドルからである。