PR

 ANAホールディングス(ANAHD)傘下の格安航空会社(LCC)であるPeach Aviation(ピーチ)と、日本航空(JAL)傘下のLCCであるZIPAIR Tokyo(ジップエア)で、2021年4月21日朝から航空券の予約・確認・変更などを担うシステムに障害が発生し、翌4月22日の午前10時時点で不具合が継続している。いずれも原因は契約している旅客系システムのクラウドサービスの停止。障害が発生した詳しい原因は調査中としているが、原因特定に至っていない。

 ピーチのシステム障害は2021年4月21日の午前8時45分頃に発生した。「新規予約や確認・変更などができない状態になっており、復旧に向けて原因を調査している」(ピーチ広報)。各空港でのチェックインなどを担うシステムは「予約系のシステムとは別になっており、問題なく稼働している」(同)といい、航空便の運航への影響はないとしている。

Peach Aviation(ピーチ)が掲出したシステム障害の告知
Peach Aviation(ピーチ)が掲出したシステム障害の告知
(出所:Peach Aviation)
[画像のクリックで拡大表示]

 ジップエアのシステム障害もピーチと同じく4月21日朝から発生し、同様に新規予約・変更などができなくなっている。「当社が契約している米ラディックスの予約系システム『Radixx Res』で4月21日の朝から予約などがしづらくなる不具合が出ていた。その時点では完全に停止していたわけではなかったが、昼すぎになって完全に予約系システムが使用できなくなった。ベンダーが復旧に向けて急いで作業しているようだが、現時点では復旧の見通しが立っていない」(ジップエア広報)。ジップエアも空港系システムは正常に稼働しており、運航への影響は出ていない。「空港系システムもラディックスを採用しているが、予約系システムの障害の影響は及んでいない」(同)。

ZIPAIR Tokyo(ジップエア)が掲出したシステム障害の告知
ZIPAIR Tokyo(ジップエア)が掲出したシステム障害の告知
(出所:ZIPAIR Tokyo)
[画像のクリックで拡大表示]

 ピーチは2011年の設立当初から全ての情報システムを原則クラウドとする方針を貫いており、2018年設立のジップエアも同様の方針を採っている。ピーチは利用している予約系システムについて「明らかにできない」(ピーチ広報)としているが、今回のシステム障害の発生タイミングや現象はピーチとジップエアで類似しており、ピーチもRadixx Resによる障害とみられる。