PR

 楽天モバイルは2021年4月22日、スマートフォン「iPhone 12」シリーズなど米Apple(アップル)製品を2021年4月30日に発売すると発表した。iPhone 12などの本体価格は同製品を取り扱う大手通信事業者4社で最安値だとしており、iPhoneを巡って加入者獲得競争が激しくなりそうだ。

楽天モバイルがiPhoneを取り扱うと発表。NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクとの競争が激化しそうだ
楽天モバイルがiPhoneを取り扱うと発表。NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクとの競争が激化しそうだ
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 取り扱うのはiPhone 12シリーズの全ラインアップ「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」「iPhone 12 mini」のほか、低価格モデルの「iPhone SE」(第2世代)、無線タグの「AirTag」、ワイヤレスイヤホンの「AirPods Pro」。Webサイトでは4月23日から、店頭では4月24日から予約を受け付ける。

 iPhone 12(容量64ギガバイト)の本体価格は10万1176円で、楽天モバイルは「iPhone 12シリーズを取り扱う他の通信事業者3社より安い」としている。新規契約における他社の本体価格はNTTドコモが10万1376円、KDDI(au)が10万3430円、ソフトバンクが11万880円。SIMフリー版の本体価格9万4380円よりは高いが、他の通信事業者からは若干安く設定しているようだ。iPhone各製品は一括払いのほか、24回と48回の分割払いでも購入可能にする。

楽天モバイルが販売するiPhone各製品の価格。会見ではドコモ、au、ソフトバンクより安いことをアピールした
楽天モバイルが販売するiPhone各製品の価格。会見ではドコモ、au、ソフトバンクより安いことをアピールした
(出所:発表会の配信動画を日経クロステックがキャプチャー)
[画像のクリックで拡大表示]