PR

 ルネサス エレクトロニクスの32ビットマイコン「RX65N」が、米国国立標準技術研究所(NIST)が定めるセキュリティー要件「FIPS140-2」のレベル3に、CMVP(Cryptographic Module Validation Program)を通して認証された。同社によれば、FIPS140-2のレベル3に認証された汎用マイコンは、RX65Nが初めてだという。

 RX65Nは、産業機器やIoT機器に向けた汎用マイコンで、セキュリティーやコネクティビティー、HMI(Human Machine Interface)といった機能が充実していることが特徴である。このマイコンは、セキュリティー処理専用のハードウエアとして「TSIP:Trusted Secure Intellectual Property」を集積している。TSIPは、AES/SHA/RSA/ECC用暗号化回路と真性乱数生成器(TRNG)、暗号化鍵管理機構を持っていて、強固なセキュリティー機能を実現できるとする。なお、TSIPはCAVP(Cryptographic Algorithm Validation Program)を通して、NIST認証を取得している。またRX65Nは、バックグラウンドオペレーション(BGO)とSWAP機能に対応したデュアルバンクのフラッシュメモリーを集積しており、セキュアーで信頼性の高いファームウェアの更新が図れるという。これで、システム制御やネットワーク制御機器においてプログラムの改ざんなどを防止する。

TSIPの概要
TSIPの概要
TSIPは今回認証されたRX65N以外にも、ルネサスのRXファミリのマイコン製品(RX651、RX66N、RX72N、RX72M)に集積されていて、同等のセキュリティー機能を実現できるという。(出所:ルネサス)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社によれば、今回認証されたFIPS140-2は、政府や金融機関、公共施設、インフラで使用されるアプリケーションには必須のセキュリティー要件で、事実上、世界的なセキュリティー基準となりつつあるという。そのレベル3は、HSM(ハードウェア・セキュリティー・モジュール)やICカードといった金融情報などを取り扱う機器に対して、タンパー検出・応答やIDベースの認証機能などを要求する高いセキュリティーレベルとする。