PR

 パナソニックは2021年4月23日、サプライチェーンソフトウエアを手掛ける米ブルーヨンダー(Blue Yonder)の全株式を取得すると発表した。買収総額は71憶米ドル(約7700億円)になる。すでにパナソニックは20年7月にブルーヨンダーの株式20%を取得済みで、株式80%の追加取得で全株式を握ることになる。21年度第3四半期までに買収完了を目指す。「単に成長する企業だからではなく、パナソニックが革新的なソリューションを生み出すのに必要なため買収を決めた」(パナソニックCEOの楠見雄規氏)という(図1)。

図1 パナソニックCEOの楠見雄規氏
図1 パナソニックCEOの楠見雄規氏
(写真:パナソニック)
[画像のクリックで拡大表示]

 ブルーヨンダーは製造や流通、小売りを手掛ける企業に対してサプライチェーンソフトウエアを提供し、機械学習やAI(人工知能)技術によって在庫管理や供給計画といった顧客業務を支援する。20年の売上高は約10億米ドルで、サプライチェーンソフトウエア専門企業として「世界最大」(パナソニック)だという。設立は1985年で、従業員は約5500人である。

 ブルーヨンダーの技術力を示すのが特許だ(図2)。業界で最も多い400以上の特許を保有しており、「同業他社は合わせても100に満たない」(パナソニックコネクティッドソリューションズ社上席副社長の原田秀昭氏)。天気などのさまざまなデータを加味したサプライチェーン分析が可能で、この分析能力の高さも競合他社に対する優位点になるとみる。

図2 ブルーヨンダーの競争優位性
図2 ブルーヨンダーの競争優位性
特許保有数・顧客基盤などで、他社に対する競争力がある(出所:パナソニック)
[画像のクリックで拡大表示]

 買収の狙いは、パナソニックの保有資産とのシナジーによる成長だ。原田氏は「新型コロナの感染拡大を通じ、さまざまな企業が製造現場、倉庫、物流といった部分ごとの最適化だけでは不十分だと危機感を覚えている」と述べ、サプライチェーンの改善・改革が求められていることを強調。その中でパナソニックがものづくりの現場で培ってきた、センシング装置やネットワーキング機器、エッジ機器を利用した作業分析やデータ収集能力と、ブルーヨンダーのサプライチェーンソフトウエアを組み合わせていくことで、サプライチェーン全体が自律的に最適化されていく「オートノマスサプライチェーン」のソリューション提供を目指していきたいという(図3、4)。

図3 現場プロセスイノベーション
図3 現場プロセスイノベーション
造る・運ぶ・売るという現場でデータ収集・蓄積を進め、それをブルーヨンダーのソフトウエアと連携していく(出所:パナソニック)
[画像のクリックで拡大表示]
図4 オートノマスサプライチェーン
図4 オートノマスサプライチェーン
パナソニックのデータ分析・収集能力、ブルーヨンダーのサプライチェーンソフトウエアの連携を密に進めていくことで、横断的なサプライチェーンの改善・改革を目指す(出所:パナソニック)
[画像のクリックで拡大表示]