PR

 トヨタ自動車、スズキ、SUBARU(スバル)、ダイハツ工業、マツダの日系自動車メーカー5社は2021年4月27日、次世代車載通信機の技術仕様の共同開発で合意したと発表した。通信システムの共通化により、コネクテッドサービスの早期提供を目指す。

 コネクテッドカー(つながるクルマ)の実現に欠かせない車載通信機の開発は、これまで自動車各社が個別に進めていた。今回はコネクテッドカーの基本機能である車載通信機の開発を「協調領域」、アプリケーションやサービス面での開発を「競争領域」と位置づけ、開発の効率化を目指す。

車載通信機は「協調領域」と位置づける
車載通信機は「協調領域」と位置づける
(出所:トヨタ、スズキ、スバル、ダイハツ、マツダ)
[画像のクリックで拡大表示]

 トヨタが開発した車載通信機の技術をベースに、スズキ、スバル、ダイハツ、マツダが保有する技術を盛り込む。クルマからネットワーク、車載通信機センターまでの接続仕様を共通化する。これにより、各社の開発工数を減らし、システム運用や機能追加を含むバージョンアップなどを簡素化できる。また、車両と車載通信機センター間の通信品質が高まり、ユーザーとオペレーター間の通話が鮮明になるほか、接続速度も速くなるという。

 5社は、今回合意した共同開発に対して、「志を同じくするその他のパートナーとの連携についても、常にオープンに検討する」としている。