PR

 NTTドコモはオンライン診療システムなどを手掛けるメドレーと2021年4月26日に資本・業務提携したと発表した。メドレーが第三者割当増資で発行する普通株式93万3100株(持ち株比率2.93%)を取得し、ヘルスケア・メディカル領域を強化する。

ヘルスケア・メディカル領域を強化する
[画像のクリックで拡大表示]
ヘルスケア・メディカル領域を強化する
(出所:NTTドコモ)

 NTTドコモはこれまで「dヘルスケア」などヘルスケア領域を中心にサービスを提供してきた。メドレーとの提携でオンライン診療サービスを取り込み、健康増進を支援するヘルスケア領域のサービスから、早期発見や適切な治療につながるメディカル領域のサービスまでを一気通貫で提供していく。

 オンライン診療の普及に向けて、両社でオンライン診療アプリの共同運営に乗り出す。「dポイント」の会員基盤などNTTドコモの資産の活用や、オンライン診療を起点とした新たなサービスの展開も計画する。こうした取り組みによって、日本における未病・予防社会の実現を目指すとした。