PR

 スウェーデンEricsson(エリクソン)は2021年4月15日、英Vodafone UK(ボーダフォンUK)と連携して、ドローンやLiDARなどの3D技術を駆使したネットワーク管理の効率化を狙った実験を進めると発表した。ネットワーク敷設計画や設備拠点(サイト)環境のアップグレードを迅速かつ効率的に行うための有効な手段になると期待している。

出所:Ericsson
出所:Ericsson
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の実験では、ハイビジョンカメラを搭載したドローンとLiDAR技術を活用して、ネットワーク設備拠点からデータを収集し、それを基にアップグレードの検討を進める。英国各地の30拠点からデータを収集する。

 通常、こうしたデータを集める際には、サイト設計者から無線送信プランナーまで、多くの技術者が現場を直接訪問して測定などを行うが、今回の取り組みが実用化すれば、エンジニアが1人でデータ収集できるようになる。収集したデータは、デジタルツインモデルとして、クラウド経由で利用でき、関係者がバーチャルなサイトミーティングなどでそのデジタルツインモデルを共有することで、遠隔地に居ながら、あたかも現場に出向いているような、「オンサイト」での検討が可能になる。

 ドローンやLiDARといった3D技術を駆使することで、ネットワーク設備から高精度のデータを収集できるのみならず、技術者が電波塔に登る必要性がなくなることで、健康や安全上のリスクも軽減できる。加えて、現地に出張する人員数や必要な機材の重量も減らすことができ、二酸化炭素(CO2)の排出量削減にも貢献する。

 両社は今回の技術導入により、今後のネットワーク計画プロセスの効率が劇的に向上すると期待する。今後は、英国の都市部や農村部に、高い信頼性と接続性を提供するネットワークを迅速に展開していく。