PR

 鹿島の海外のグループ会社がサイバー攻撃を受けていたことが日経クロステックの取材で2021年4月28日に分かった。不正に取得した情報を「人質」に金銭を要求するランサムウエアに、このグループ会社が感染した恐れがある。

 鹿島によると、2021年3月に海外のグループ会社で第三者による不正アクセスを把握した。その後、専門会社に依頼し、調査を進めている。並行して現地の捜査当局に報告し、捜査を依頼したという。

 外部に流出した情報などの詳細は「現在調査中」(広報)。第三者からの金銭要求も今のところないとしている。「日本と海外のネットワークは別で、日本に対するサイバー攻撃は確認していない」(同)。