PR

 ダイハツ工業は2021年4月30日、小型SUV(多目的スポーツ車)の新型車をインドネシアで発売した。同社の車両開発・生産手法「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」を適用した車両で、同手法の適用車を海外展開するのは、マレーシア向け車両に次いで2車種目となる。

 今回の新型車「Rocky(ロッキー)」は、19年に日本で発売した小型SUV「ロッキー」をベースに、ダイハツと同社のインドネシア法人であるAstra Daihatsu Motor(アストラ・ダイハツ・モーター、以下ADM)が共同で開発した。同国での販売はADMが担当する(図1)。

ロッキー
図1 インドネシア向けの新型SUV「ロッキー」
(出所:ダイハツ工業)
[画像のクリックで拡大表示]

 また、トヨタ自動車グループにおける新興国向け小型車事業戦略の一環としてダイハツは、今回の新型車をトヨタにOEM(相手先ブランドによる生産)供給する。さらに、約50カ国への輸出も予定する。新型車の生産は、ダイハツブランドとトヨタブランドともに、ADMのKarawang(カラワン)車両工場で行う。

 パワートレーンは、排気量1.0Lで直列3気筒のポート噴射の過給ガソリンエンジン「1KR-VET」を搭載する。21年3月にマレーシアに投入した新型車「Ativa(アティバ)」や日本で販売するロッキーと同じである。変速機もアティバやロッキーと同様、DNGAに基づいて開発した新型CVT(無段変速機)の「D-CVT」を組み合わせる。5速MT(手動変速機)も用意する。

 予防安全面ではインドネシアで販売するダイハツ車として初めて、ステレオカメラを使う予防安全システム「スマートアシスト、現地名:Advanced Safety Assist」を搭載した。提供する機能は、マレーシア向けのアティバと同じだ。

 新型車の車両寸法は全長4030×全幅1710×全高1635mmで、Aセグメントの車両に属する。マレーシア向けのアティバに比べて全長は35mm短いが、全幅と全高は同じである。日本のロッキーと比べると全長は35mm長く、全幅は15mm広く、全高は15mm高い。Aセグメントの車両寸法を維持しながら、広い室内空間を確保した(図2)。

新型車の荷室
図2 新型車の荷室
(出所:ダイハツ工業)
[画像のクリックで拡大表示]

 新型車の価格は、約2億1400万~約2億3600万ルピア(1ルピア=0.0075円換算で約160万~約177万円)。日本円換算で、マレーシア向けのアティバと同水準に設定した。