PR

 米Intel(インテル)が後工程を増強する。同社は2021年5月3日(現地時間)、数年かけて35億米ドルを投じ、米国ニューメキシコ州の製造拠点を強化すると明らかにした。3次元実装技術「Foveros」を含む半導体パッケージング用拠点を増強する。同社は同年3月に、ファウンドリー事業なども想定し、最大200億米ドルを投じて米アリゾナ州における半導体の製造能力拡大を発表したばかりである。

インテルのニューメキシコ州の拠点(出所:インテル)
インテルのニューメキシコ州の拠点(出所:インテル)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回のニューメキシコ州での投資により、少なくともハイテク関連で700人、建設関連で1000人の雇用を生むとしている。増強にともなう建設作業は21年後半から始まる予定である。インテルによれば、1980年以来、ニューメキシコ州の事業を支援するために163億米ドルの資本を投じてきた。現在、1800人以上の従業員を雇用しているという。