PR

 パナソニックは2021年5月6日、スマートフォンで操作可能な電子錠の技術を持つビットキー(東京・中央)と資本業務提携を結ぶと発表した。パナソニックがビットキーに出資するほか、住宅市場向けの製品・サービス開発に共同で取り組む。出資額や保有比率は非公開としている。

 パナソニックが扱う住宅設備や建材商品と、ビットキーが提供する電子錠などの遠隔管理プラットフォーム「homehub」をつなげることで、住宅設備のIoT(インターネット・オブ・シングズ)化を推進する。取り組みの第1弾として、電子錠を備えた宅配ボックスを2021年度内に提供開始することを目指す。利用者はスマホアプリを使い、Bluetoothなどを経由して宅配ボックスの電子錠を開閉できる仕組みだ。スマホアプリはビットキーが開発、提供する。

 homehubは現在、東京・大阪エリアにある一部のマンションを主な対象として提供しているが、今後は戸建て住宅への展開も見込む。併せて「パナソニックのハウジングシステム事業部が取り扱う宅配ボックス以外の製品との連携も検討する」(ビットキー広報)としている。