PR

 NECは2021年5月6日、AI(人工知能)による顔認証やサイバー攻撃の手口の判別において、従来手法と同等の精度を保ちつつ、判別処理を最大20倍高速化できるアルゴリズムを開発したと発表した。AI領域の国際会議「International Conference on Learning Representations(ICLR)2021」で同日発表した。

 顔画像やサイバー攻撃の手口を教師データと照合して判別する際、照合に用いるデータの信頼度に応じて照合用データの量を可変とした。例えば入退場ゲートの顔認証システムの場合、標準設定では3フレーム分の顔画像を基に来訪者を判別する仕様であっても、照合用の顔画像が鮮明で容易に特定が可能な場合、1~2フレームで顔画像の取得を打ち切り、標準設定よりも短時間にゲートを開く。逆に顔画像が不鮮明で判別が困難な場合、一定の信頼度が得られるまで取得する顔画像のフレーム数を増やしていくことで、認証エラーの発生頻度を減らす。

開発したアルゴリズムを顔認証システムに適用した場合の挙動
開発したアルゴリズムを顔認証システムに適用した場合の挙動
(出所:NEC)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は今回のアルゴリズムについて、弱いエビデンスには遅く小さく反応し、強いエビデンスには速く大きく反応する脳の器官「エビデンス蓄積ニューロン」の動きを模して開発。その結果、必要な情報が集まれば迅速に解答する「早押しクイズ」のような挙動を実現したという。同社は今回開発した技術について、顔認証AI「NeoFace」シリーズの製品・サービスに組み込む予定。早ければ2021年度中にも搭載するとしている。