PR

 三菱重工業と日本IBMは、二酸化炭素(CO2)の流通を可視化するデジタルプラットフォーム「CO2NNEX(コネックス)」の構築に向けて協力すると発表した(図)。現在は排出・回収されたCO2の行き先は貯留と転換利用に限られているが、その流通を可視化するとともに整流化して用途の拡大を図る。両社は21年5月から、同プラットフォームの実証実験に向けた概念実証(Proof of Concept:PoC)を進める計画だ。

図:CO2NNEXのイメージ
図:CO2NNEXのイメージ
(出所:三菱重工業・日本IBM)
[画像のクリックで拡大表示]
* 三菱重工業と日本IBMのニュースリリース:https://www.mhi.com/jp/news/210506.html

 同プラットフォームにより、仮想空間でCCUS(Carbon dioxide Capture, Utilization and Storage;CO2の回収・貯留)バリューチェーンを可視化する。これにより、バリューチェーンにおける課題を顕在化させるとともに、流れ全体の最適化を目指す。従来は回収後の総量や移送量、購買量、貯留量など段階別にしか見ていなかったCO2の情報をつないで証跡(証拠となる痕跡)を残し、投資やコストの観点からCO2の資源化を検証できるようになる。

 加えて、CO2を販売したい排出者と購入したい需要家の仲介も可能。化学品としての工業利用や、光合成による農業やバイオ燃料製造などのさまざまな用途にCO2を供給でき、CO2活用の裾野を広げられる。CO2の流通と利用の活性化によってカーボンニュートラル(温暖化ガスの排出量実質ゼロ)を促進できると両社はみる。

 CO2NNEXの構築に当たって三菱重工は、排出ガスからのCO2回収技術と知見を生かし、実社会におけるインフラ構築の検証を担う。具体的には、CO2の排出・回収・圧縮・輸送・貯留・分配・利用といった流通の要所にスマートメーターを設置し、CO2の物理量・状態の監視とデータの活用を実現する、などの役割を想定している。

 一方の日本IBMは、仮想空間でのネットワーク構築を担当する。アプリケーション開発環境などの機能を持つブロックチェーン・プラットフォーム「IBM Blockchain Platform」の他、クラウドと既存システムを連携させるハイブリッドクラウド技術、バリューチェーンの可視化・自動化・最適化を可能にする人工知能(AI)技術を活用。さまざまな業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組んできたコンサルタントを参画させ、CO2NNEXの企画と検証に当てる考え。