PR

 島津製作所の受託分析子会社である島津テクノリサーチは2021年5月13日、高齢者施設や学校などのトイレ排水を解析して、新型コロナウイルスの感染状況をモニタリングする受託事業を開始した。陽性反応があった場合は施設の利用者全体にPCR(Polymerase Chain Reaction)検査を促すことで、無症状者を含めた感染者を早期に特定し集団感染の防止につなげる。

下水試料を採取する「サンプラー」をマンホール内に設置する様子
下水試料を採取する「サンプラー」をマンホール内に設置する様子
(出所:島津製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 新型コロナウイルス感染者の一部は発症前から糞便中にウイルスを排出すると考えられている。そこでトイレ排⽔など下⽔からウイルス遺伝子をPCR法で検出することで、感染状況をモニタリングする研究が進んでいる。島津テクノリサーチは実証実験で、111人が利用するオフィスビルの下水から1人の感染者を検知することに成功した。「建物単位での下水解析は感染の早期発見に有効だ」(島津製作所)としている。

 できるだけ安価で簡易に下水試料を採取するため、島津テクノリサーチは脱脂綿を活用した独自の「サンプラー」を開発した。サンプラーを「マンホール内に24時間設置してウイルスを吸着させる」(島津製作所)。採取した下水試料について、日本水環境学会COVID-19タスクフォースなどが公表したマニュアルに沿って、前処理とウイルス遺伝子の検出を実施する。

 下水解析を依頼した施設は、採取した下水試料が島津テクノリサーチに到着した日の翌々日に結果を受け取る。1回あたりの下水解析は税込み7万7000円で、別途サンプリング費用として数万円と諸経費がかかる。