PR

 イオンリテールは、来店客の属性や店内での行動を分析・学習して接客に生かせる人工知能(AI)を使った映像解析システムを導入する。年代推定により未成年者への酒類販売を防いだり、売り場での滞在時間などを基に購買意欲が高そうな客を検知してスムーズに接客したりすることに役立てる。システムを提供した富士通が2021年5月13日に発表した。

 Webカメラの映像をAIで解析する。人物検知により店内の混雑度をリアルタイムで測れるほか、売り場での客の滞在時間や商品に手を伸ばすなどの行動を従業員に通知し、素早い接客につなげる。体格や服装をもとに、マスクを装着した客であっても年代を推定できるという。

 2021年5月中にイオンスタイル川口(埼玉県川口市)で運用を始める。店内で安全管理や防犯などの用途で使っている約150台のWebカメラの映像を、富士通のAI画像解析サービス「Fujitsu Technical Computing Solution GREENAGES Citywide Surveillance」で解析する。2021年度中に本州と四国の「イオン」と「イオンスタイル」の計76店舗に同サービスを導入する予定だ。