PR

 富士通ゼネラルは2021年5月17日、着るクーラー「Cómodo gear」シリーズの第2世代となる「Cómodo gearTM i2」を発表した。同社によれば、20年に発売した第1世代と比較して、きょう体の身に着けやすさや冷却面の皮膚への当たりやすさを改善したという。冷却の温度制御の精度も高めた。21年6月上旬から国内企業向けに月額1万円(税込み)でレンタルを開始する。生産予定台数は、「20年度よりもかなり増加する見通しだ」(富士通ゼネラル ウエアラブル事業部の佐藤龍之介氏)。ちなみに第1世代は20年6月の提供開始からわずか1カ月程度で、生産予定の約1000台の予約が満了したという。

富士通ゼネラル「Cómodo gearTM i2」
[画像のクリックで拡大表示]
富士通ゼネラル「Cómodo gearTM i2」
(出所:富士通ゼネラル)

 Cómodo gearシリーズは、通電すると片面で吸熱(冷却)、もう片面で発熱(放熱)する性質を持つ「ペルチェ素子」と呼ばれる半導体を使って首回りを冷やす。同様の冷却原理を用いるソニーの着るクーラー「REON POCKET」シリーズなどと異なり、ペルチェ素子の放熱面の冷却に、風ではなく冷却効率が高い水を採用する。炎天下で働く建設業や警備業などの従事者を対象にしている。

 具体的には、ペルチェ素子を内蔵して首に巻きつけるように装着する「ネック部」と、ネック部とホースでつながっていて腰の部分に取り付ける「放熱部」の2つのきょう体で構成される。放熱部は、主にラジエーターとポンプ、ファンからなる熱交換器を内蔵する。ペルチェ素子が首から吸収した熱は、放熱板を介してネック部の内部を流れている冷却水が回収。水はホースを通じて腰に取り付けた放熱部に移動し、最終的に熱交換器が熱を外部に放出するという仕組みだ。第2世代では、きょう体やネック部を改良して装着感などを高めた。

 例えば放熱部は、第1世代で内蔵していたバッテリーを切り離し、ラジエーター部とバッテリー部に分離して両者を30cmのコードでつないだ(80cmのコードも同梱)。「従来、放熱部の重さは670gあり、ベルトなど腰部の1カ所にそれを装着すると重く感じるユーザーもいた。そこで第2世代ではラジエーター部(275g)とバッテリー部(300g)に分離し、腰の左右に装着することで、重さを感じにくくした」(同氏)。ラジエーターの放熱性能は、「従来と比べて同等以上に進化している」(同氏)という。

 ネック部は装着感を向上させ、冷却面を皮膚に当たりやすくした。従来、ネック部はワンサイズで、例えば首が細いユーザーのフィット感などに課題があった。そこで今回はLサイズに加えて、Sサイズを用意した。さらにネック部の前面を締めるマグネットバンドを設置するなどしてフィット感を高めたという。なお、一部の素材の変更などにより、ネック部全体の重量は、初代の170gから150g(Sサイズ)/155g(Lサイズ)に軽量化している。

 そのほか、ペルチェ素子の冷却性能自体に大きな変化はないが、首の頸動脈付近に直接触れる金属製プレートの面積を大きくして冷却性能を高めた。ネック部には左右、後方の3カ所にペルチェ素子を内蔵しているが、従来は3個を一括で温度制御していたが、第2世代は温度センサーの情報から各素子を独立して制御できるように改善したという。

 Cómodo gearTM i2の寸法は、ネック部が高さ(H)55×横幅(W)129×奥行き(D)130(Sサイズ)とH56×W143×D162(Lサイズ)、ラジエーター部がH110×W98×D50、バッテリー部がH108×W80×D29。製品全体の重さは、835g(Sサイズ)と840g(Lサイズ)。推奨使用温度範囲は5~35℃。連続使用時間と充電時間は、ともに2~3時間。

■変更履歴
公開当初、「ラジエーター」と「ラジエター」が混在していましたが、「ラジエーター」に統一しました。おわびして訂正します。本文は修正済みです。[2021/05/24 13:00]