PR

 防衛省が開設した新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場向け予約サイトが架空の接種券番号でも予約を受け付けてしまう問題について、岸信夫防衛相は2021年5月18日、予約が可能だった問題を実際に検証したうえで伝えた報道機関に対して「悪質な行為」と批判するツイートをした。

岸信夫防衛相のツイート
岸信夫防衛相のツイート
(出所:Twitter)
[画像のクリックで拡大表示]

 岸防衛相のツイートは報道について「記者が不正な手段により予約を実施した行為」とした。そのうえで「本来のワクチン接種を希望する65歳以上の方の接種機会を奪い、貴重なワクチンそのものが無駄になりかねない」と批判。「防衛省から厳重に抗議」するとした。同日の記者会見でも同じ考えを明らかにしている。

 一方で、報道が指摘した問題点については「真摯に受け止め、市区町村コードが真正な情報である事が確認できるようにする等、対応可能な範囲で改修を検討」するとしている。また同システムで架空の接種券番号での予約を防ぐためには「全市長区町村が管理する接種券番号を含む個人情報を予め防衛省が把握し、予約番号と照合する必要」があるとして、「実施まで短期間等の観点から困難かつ、全国民の個人情報を防衛省が把握する事は適切でないと判断」したと弁明した。