PR

 医療関連事業者とケーブルテレビ事業者など13法人は2021年5月18日、「地域スマート医療コンソーシアム」を同日に設立したと発表した。地域住民が自宅で簡単に診療・服薬指導を受けられるスマート医療の実現を目的とする。

設立したコンソーシアムのロゴ
設立したコンソーシアムのロゴ
(発表資料から)
[画像のクリックで拡大表示]

 高齢者を含む地域住民が利用しやすいオンラインによる医療や介護、ヘルスケアサービスの普及促進を図るため、オンライン診療サービスの提供に携わる医療事業者、保険調剤薬局事業者、ヘルスケア事業者、ケーブルテレビ事業者などが参画し、課題解決に取り組む。

 医療関連事業者が持つ診療や服薬指導の知見と、オンライン診療プラットフォーム事業者やケーブルテレビ事業者の通信機能を連携させて医療分野におけるデジタルコミュニケーションの場を提供することにより、幅広い年代が利用しやすいサービスの普及活動を行っていく。

 コンソーシアムに参画する医療機関は、千葉大学医学部附属病院 患者支援部。保険調剤薬局事業者は、ココカラファイン、トモズ、日本調剤。オンライン診療プラットフォーム事業者は、インテグリティ・ヘルスケア、MICIN。ヘルスケア関連事業者は、KDDI、住友商事である。

 ケーブルテレビ業界からは、愛媛CATV、ケーブルテレビ、CCJ、ジュピターテレコム(J:COM)、ZTVが参加する。コンソーシアムの理事長には、千葉大学医学部附属病院 患者支援部 部長・特任准教授の竹内公一氏が就任した。コンソーシアムの事務局はJ:COMが担当する。