PR

 ホンダは、使用済み自動車から回収したポリメチルメタクリレート(PMMA)の水平リサイクルに取り組むと発表した。2021年8月から、三菱ケミカル(東京・千代田)や北海道自動車処理協同組合(以下、北自協)と共同で実証実験を実施する。水平リサイクルの仕組みの確立によって、例えば使用済み自動車から回収したテールライトをリサイクルして、再びテールライトを製造できるようになるという(図1)。

図1:PMMAの水平リサイクルの概要
図1:PMMAの水平リサイクルの概要
使用済み自動車のテールライトを回収・粉砕し、モノマー化する。そのモノマーを繰り返し重合して高分子化合物(樹脂)を製造し、再びテールライトを造る。(出所:ホンダ)
[画像のクリックで拡大表示]
* ホンダのニュースリリース

 実証実験では、北自協の加盟事業者が使用済み自動車から材料を回収・粉砕し、三菱ケミカルが粉砕品のモノマー化とポリマー重合を検証する(図2)。ホンダは、回収要件の設定と回収輸送、粉砕品の品質確認、全体の管理を担う。

図2:水平リサイクル実証実験のフロー
図2:水平リサイクル実証実験のフロー
北自協の加盟事業者が使用済み自動車からの製品の回収・粉砕を、三菱ケミカルがモノマー化とポリマー重合を担当する。(出所:ホンダ)
[画像のクリックで拡大表示]

 この実証を通じてホンダは、異物が混入しない回収方法や、リサイクル材でバージン材と同等の品質を達成する技術、使用済み自動車から回収される樹脂粉砕品の高効率の輸送スキームなどを確立させる狙い。その上で事業性を検証し、水平リサイクルスキームの構築を目指す。

 PMMAをはじめとするアクリル樹脂の処理では従来、焼却の際に発生する熱エネルギーを回収・利用しているものの、分別回収やリサイクルが技術的に難しいため、樹脂自体の再利用はできなかった。それに対して3者が取り組む水平リサイクルでは、使用済み製品から回収した材料をバージン材と同等の性能・品質を持つリサイクル材に転換し、同一種類の製品を製造する。このリサイクルの仕組みを確立できれば、PMMAを製造・廃棄するときに排出する二酸化炭素(CO2)も削減できる。

 ホンダは、同社がかかわる全ての製品と企業活動を通じて50年にカーボンニュートラルを実現することを目指しており、そのための柱として「リソースサーキュレーション」(資源の循環)に取り組む。今回の実証実験は、その循環型社会の実現に向けた「第一歩」(同社)。今後もリサイクルに関する研究を進め、「サステナブルマテリアル100%での製品開発にチャレンジする」(同社)としている。