PR

 オムロン ヘルスケアは2021年6月1日から京都大学に「健康医療AI講座」を設置し高血圧に関連した共同研究を始める。個別化した血圧管理の提案や、高血圧が原因で生じる脳卒中などの早期発見を目的としたAIを開発する。将来的には同社が米国と英国などで実施中の遠隔医療のサービスに、開発したAIを実装する予定だ。

 オムロン ヘルスケアは京都大学大学院医学研究科の奥野恭史教授と2種類のAI開発に取り組む。1つは高血圧患者の血圧値を改善するためのものだ。食事や睡眠、体重、体組成、活動量などのデータに加え、日中と夜間の血圧データを活用して開発する。患者の生活習慣などに応じて個人に最適化した血圧管理方法を提案できるようにする。

 もう1つの研究は、高血圧が原因で生じる脳卒中や心筋梗塞などの発症の予兆を早期に検知するAIの開発だ。オムロン ヘルスケアが販売する医療機器のウエアラブル端末や夜間の血圧を測定する装置なども利用し、家庭で計測する血圧データの変化から疾患発症の予兆を早期に検知する。

 米国では遠隔から高血圧患者の血圧管理などを実施する動きが広がっている。オムロン ヘルスケアは将来的に、家庭で計測した血圧データや生活習慣のデータを医療機関と共有し、開発したAIを活用して個別化した血圧管理を提案するなど遠隔での診療や疾患管理の支援につなげる。共同研究は2024年3月まで実施する予定。

関連記事 オムロンが米国で遠隔医療に挑む、データ活用で治療継続や医療費削減へ