PR

 韓国Samsung Electronics(サムスン電子)は2021年5月25日、プライベート5Gネットワークを使った工場のリアルタイム動画監視システム構築に関して、オプテージ(大阪市)との業務提携を発表した。

出所:Samsung Electronics
出所:Samsung Electronics
[画像のクリックで拡大表示]
関連ニュースリリース: Samsung and OPTAGE Join to Build Private 5G Network in Japan

 工場内に設置されたカメラなどから、5Gネットワークを使って、4K超高解像度映像をコントロールセンターにある保守管理システムにライブ送信する。このシステムを導入することで、コントロールセンターにいながら現場検証が可能になり、アクセスが困難な場所に技術者が出向く必要がなくなる。障害の早期発見が可能となり、生産性向上、業務効率化を実現すると同時に、安全性も確保できるようになる。

 Samsungでは、このシステム構築に向け、最新の無線装置、ベースバンドユニット、クラウドベースの基幹ネットワークを含む一連の5Gソリューションを提供する。1台のサーバー上で動作することから、設置面積などが限られた場所でも導入が可能な上、不具合発生時にも素早い修復が可能な回復力の高い環境を構築できるとしている。

 これまでにもオプテージは、ローカル5Gと4K動画対応ドローンを活用した、発電所におけるスマート保安の実証実験や、同じくローカル5Gを活用した一般消費者向けインターネット接続サービスの無線化実証実験などを行っている。

関連ニュースリリース: 姫路第二発電所におけるローカル5G×4K対応ドローン等を活用した「スマート保安」実証実験の開始について 関連ニュースリリース: ローカル5Gを活用した集合住宅におけるインターネット接続サービスの無線化に向けた実証実験について